知人の借金の保証人は絶対に断りましょう

私は、学生時代に世話になったアルバイト先の会社の社長に頼まれて社会人になってから借金の保証人になったことがあります。自分の借金地獄は全てそこから始まりました。

小さな会社ではありますが、それなりに仕事はある会社だったので社会人になりたての頃は気軽に保証人になり、そのときのは何事も無く債務返済も終わったようで、そのまま2,3年の時が流れました。久しぶりに同じ社長から連絡があり、カードローンで30万くらい用立てて欲しいと言われました。

自分ではカードローン未経験だったので最初は渋ったのですが、結局根負けして私の名前でキャッシングして用立てることになりました。そんなことが度重なるうちに、気がつくと私名義のキャッシングがどこからも借りれない状態、つまり限度額一杯になっていました。

気がついたときには合計350万に膨れ上がっていました。

私が借りれなくなるとほぼ同時にその会社の社長は夜逃げ同然で連絡を絶ちました。数ヵ月後、やっとで連絡がついて、その後2,3ヶ月は月々の返済の一部を私に持ってきてくれましたが、その後2度と連絡が取れなくなり、私の借金なので私が返していくことになりました。

現在、借入残高60万程度まで返済してきましたが、とても虚しい気持ちで一杯です。「昔世話になったから」とか「あいつの頼みなら断れない」なんて気持ちは絶対に持ってはいけません。借金をしない方法をまず考えるべきでした。

今は弁護士さんに無料相談をして良い方向へ向かっています。

借金無料相談ガイド

みなさんもこんなことだけにはならないようにしてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *